新型コロナウイルス感染拡大に伴うお知らせ

・セミナーは予定通り、開催予定です。
・発熱などの症状がある方は来場をご遠慮ください。
・ご来場の際には、マスクの着用を推奨いたします。
・手洗い、咳エチケットの徹底をお願いいたします。

お知らせ

  • 2020.2.11事前参加登録は、定員になりましたので受付を締め切りました。
  • 2019.12.5セミナープログラムが確定しました。→プログラムへ
会期

令和2年2月22日(土)12:30~17:00(開場12:00)予定

会場

東京工業大学キャンパスイノベーションセンター東京・国際会議室

〒108-0023 東京都港区芝浦3-3-6

主催

日本放射線腫瘍学会がん放射線治療推進委員会

中村和正(浜松医科大学放射線腫瘍学教室)

定員

約90名

参加費

2,000円

事前参加登録

定員になりましたので受付を締め切りました。

セミナープログラム

12:25-12:30 開会挨拶 がん放射線治療推進委員会委員長 溝脇尚志(京都大学)
12:30-13:30ランチョンセミナー 甲状腺癌内用療法ー実践とTKI適応判断
絹谷清剛(金沢大学)
共催:エーザイ株式会社
13:30-14:00症例提示と総合討論RI内用療法抵抗性の判断に苦慮した症例
症例提示:東北大学、関西医科大学、浜松医科大学
(休憩15分)
14:15-14:45基調講演内用療法におけるアイソトープ協会の役割
山下孝(日本アイソトープ協会)
14:45-15:15講 演Ra-223の現状と放射線腫瘍医の役割
中村和正(浜松医科大学)
(休憩15分)
15:30-16:15 一般演題 広島大学、東北大学、京都大学、浜松医科大学
16:15-16:30講 演RI内用療法に関するアンケート調査結果
神宮啓一(東北大学)
16:30-16:45総合討論
16:45- 閉会挨拶がん放射線治療推進委員会副委員長 永田靖(広島大学)
*症例提示 各5分
*一般演題 発表7分、討論3-4分
お問い合わせ
運営事務局