第25回がん放射線治療看護セミナー

お知らせ

事前登録を9月22日(金)に締め切りました。
9月23日(土)以降に参加を希望される方は、当日受け付けにお越しください。若干の空席がございます。
なお、事前登録をされた方で参加費を振り込まれていない方も、キャンセルを保留していますので、当日受付にてお支払いください。

  • ・2017.9.22事前登録を締め切りました。
  • ・2017.8.1カリキュラムを公開しました。→こちら
  • ・2017.7.25事前登録を開始しました。 → 登録フォーム
  • ・2017.7.17ご挨拶、テーマを掲載しました。
  • ・2017.6.26ホームページを開設しました。

ご挨拶

 

 高齢化社会の進行とともに,放射線治療を実施するがん患者が増加しています。放射線治療患者を担当する看護師は,治療効果・有害事象対策の向上およびメンタルケアの充実など専門的かつ広範な知識が要求されますが、臨床で習得する機会は未だ少ない状況です。そこで、患者が安心して適切ながん治療を受けられるよう、看護師への放射線治療の知識の普及を目的として本セミナーを開催しています。
 第25回では「頭頸部がんの放射線治療と看護~口腔から咽喉頭の粘膜炎~」をテーマに取り上げます。頭頸部は、人が日常生活を送る上で重要な役割を担う複雑な臓器が集まった部位です。放射線治療は一般的に手術に比べると機能温存が可能といわれています。一方で放射線治療をうける患者の多くが口腔から照射部位に合致した部位の粘膜炎という急性有害事象により、食べる、話すといった日常生活に大きな影響を受けます。さらに放射線治療後も口腔乾燥など様々な症状と付き合っていく必要があります。
 頭頸部放射線治療を行っている患者の治療計画と口腔・嚥下などの機能を合わせて理解することは、放射線看護の適切なアセスメントや効果的な看護実践に繋がると考えます。今回は講師として,放射線治療と口腔機能維持のためのエキスパートをお迎えします。がん放射線治療に関心のある皆様,奮ってご参加ください。

会期

2017年9月30日(土)
9:30開場・受付開始
10:25開演
16:10閉幕

会場

日本科学未来館日本科学未来館
http://www.miraikan.jst.go.jp/
東京都江東区青海2-3-6  Tel: 03-3570-9151(代表)

→アクセスについてはこちら

テーマ

「頭頸部がんの放射線治療と看護~口腔から咽喉頭の粘膜炎~」

カリキュラム

時 間内 容講 師
Information
10:25~10:30開会の辞日本放射線腫瘍学会
10:30~11:20 1.頭頸部放射線治療における基礎知識
治療計画から機能障害と有害事象を考える
がん研有明病院
放射線治療科
利安 隆史 講師(50分)
11:20~12:10 2.頭頸部がん患者の治療中の口腔ケア
「口腔機能管理を行うにあたって
-口腔の状態を把握するために-」
がん研有明病院
歯科 
富塚 健 講師(50分)
12:10~13:20 昼 食
(ランチョンなし)
13:20~14:10 3.頭頸部放射線治療をうける患者の看護
~がん放射線療法看護認定看護師の立場から~
埼玉県立がんセンター
がん放射線療法認定看護師
菱沼 貴生 講師 (50分)
14:10~15:00 4.頭頸部放射線治療を受ける患者の看護
~摂食嚥下障害看護認定看護師の立場から~
埼玉県立がんセンター
摂食嚥下障害看護認定看護師
橋本 裕子 講師(50分)
15:00~15:20休憩
15:20~16:00 5.ディスカッション・質疑応答
患者の看護問題とその解決へのアプローチに ついて、参加者から回収した症例と質問を中心に講師と受講者とでディスカッションする。
講師
喜多みどり
久米恵江 
祖父江由紀子
後藤志保
16:00~16:10閉会の辞日本がん看護学会

募集人数

300名予定
日本放射線腫瘍学会ホームページから受付
応募が募集人員に達した時点で締切

参加費

6,000円(日本放射線腫瘍学会もしくは日本がん看護学会会員)
9,000円(非会員)

参加登録

*事前登録を終了しました。
9月23日(土)以降に参加を希望される方は、当日受け付けにお越しください。若干の空席がございます。
なお、事前登録をされた方で参加費を振り込まれていない方も、キャンセルを保留していますので、当日受付にてお支払いください。

運営事務局

ジャパンウェビナー合同会社 橋本憲一
本社 〒350-1178 埼玉県川越市大塚新町8-18
TEL&FAX:049-256-7616  Mail:gakkaihiroba@japan-webinar.jp
東京オフイス 東京都新宿区西新宿3-7-1 新宿パークタワーN30階